メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡多重衝突事故から1週間 ワゴン車は最初の追突事故直前まで正常に走行

 福岡市早良(さわら)区百道(ももち)の市道交差点付近で4日夜に起きた車6台が絡む多重衝突事故で、事故を起こしたワゴン車が最初の追突事故直前までは正常に走行していたことが、付近の防犯カメラ映像から明らかになった。事故から11日で1週間。福岡県警は追突事故後に対向車線を猛スピードで逆走しながら交差点に突っ込み、死亡した小島吉正さん(81)=同区原3=の運転に過失がなかったか慎重に捜査する。

 県警などによると、小島さんのワゴン車は交差点から約700メートル南で乗用車に追突した後、中央線をはみ出して対向車2台と接触。交差点でも右折中の車2台に玉突き衝突した。最初の追突事故直後から交差点の建物に衝突して停止するまで、アクセルは踏みっぱなしの状態だった。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです