中国電力が上関原発の埋め立て免許延長を山口県に申請

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
上関原発の建設予定地(手前)。奥は祝島=山口県上関町で2019年5月29日、本社ヘリから徳野仁子撮影
上関原発の建設予定地(手前)。奥は祝島=山口県上関町で2019年5月29日、本社ヘリから徳野仁子撮影

 中国電力(広島市)は10日、山口県上関(かみのせき)町で計画する上関原発について、7月で期限を迎える建設予定地の海面埋め立て免許の再延長を県に申請した。埋め立て工事は2011年3月の東京電力福島第1原発事故後に中断しており、県は32日以内に可否を判断する。

 中国電によると、今回申請した再延長期間は23年1月までの3年6カ月。原発の新規制基準に基づく予定地の断層評価のため実施する海上ボーリ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集