メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急避妊薬、市販化の訴えも「薬局で買えたら」相手の暴力恐れ オンライン処方解禁

緊急避妊薬のオンライン処方の流れ

 性交後に服用して妊娠を防ぐ緊急避妊薬(アフターピル)について、パソコンやスマートフォンを利用した「オンライン診療」での処方を限定的に認める指針改正案が10日、厚生労働省の検討会で了承された。オンライン診療での処方を解禁する議論は今年1月から始まったが、厚生労働省が4月に示した案では、対象者を限定していなかった。要件が厳しくなったのは、医療界側に慎重な意見が強かったからだ。

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです