メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんライオン3頭一般公開 熊本市動植物園

報道陣に公開された赤ちゃんライオン=熊本市東区の熊本市動植物園で2019年6月10日午後1時29分、清水晃平撮影

 熊本市動植物園(同市東区)は10日、先月生まれたライオンの赤ちゃん3頭を報道陣に公開した。3頭は11日から一般公開されるが、生後3カ月ほどで大分県の施設に引き渡される予定のため、飼育員の草野敬輔さん(50)は「目が開き、ようやく歩けるようになった今だけの姿を楽しんで」と呼び掛けている。

 3頭は先月9日に生まれて以降、ライオン舎の寝室で母親クリア(5歳)の母乳を飲んだり、3頭でじゃれ合ったりして過ごしてきた。園によると、1キロ程度だった体重は3~4倍に増え、約30センチだった体長も約50センチになるなど順調に成長している。

 3頭は初めて展示スペースに出た際、最初は警戒し母親の元を離れたがらなかったが、時間がたつにつれ、よちよち歩きで進み出し、初めて踏む土の感触を楽しんでいた。

 園は一般公開の時間を午後1時半~同4時ごろに設定。ただし、天候や3頭の様子次第で早めに寝室に戻すなど、体調を最優先して公開するという。3頭の名前は15日から1カ月間、来場者から投票を受け付けて決定する予定。【清水晃平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです