メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WG座長代理が特区ビジネス支援 民間委員「利害」規制なし

国家戦略特別区域諮問会議で発言する安倍晋三首相(左から3人目)=首相官邸で2018年12月17日、川田雅浩撮影

 国家戦略特区WGは団体や自治体による規制緩和提案を審査し、最終決定の場である特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)に報告する。ただし内閣府によると原氏らWG民間委員と提案者の「利害関係」に関するルールはなく、公務員でもないため、仮に賄賂や過剰接待を受けても収賄罪などは適用されない。内閣府は民間委員の「相談活動」を問題視しないとしているが、制度設計自体の「欠陥」が問われる可能性がある。

 一方、諮問会議本体は公平・中立の観点から、会議メンバーと利害関係のある提案では「審議や議決に参加さ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文566文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです