メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旭化成陸上部 宗猛さん「延岡でやることに意義」 市民の声援背に飛躍

ファンらと握手に応じる宗猛さん=延岡市で2019年5月4日17時22分、田崎春菜撮影

 宮崎県延岡市を拠点に活動する旭化成陸上部は、今年度で創部73年目を迎えた。3連覇中の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)では歴代最多の24回の優勝を誇り、五輪でも多くの代表選手を輩出。地域の声援を受け戦っている。

 5月4日恒例の「ゴールデンゲームズ㏌のべおか」が延岡市の競技場で開かれた。全国の陸上中距離選手が競い合い、宗茂さん、猛さん、瀬古利彦さんら陸上長距離界のレジェンドも姿を見せ会場を盛り上げた。

 第1回大会は、旭化成陸上部グラウンド改修の記念大会として1990年に開かれたが、今は延岡の名物イベ…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです