メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

日本代表、目指せベスト4 潜在能力は十分=箕内拓郎

 日本代表が宮崎合宿をスタートしました。私はラグビー・ワールドカップ(W杯)には主将として2003年オーストラリア大会、07年フランス大会と2回出場しました。開幕半年前から気持ちが盛り上がり、大会直前に開催地に飛行機で降り立った瞬間、さらに気持ちが高揚したことを思い出します。

 勝たなければいけない、100%以上の力を発揮しなければいけないという重圧はありましたが、開催地は非常に盛り上がり、世界中の人がW杯に注目していると実感できて幸せでした。試合会場では外国の方が日本の国旗を振ってくれました。街中では現地のファンに健闘をたたえられました。素晴らしい雰囲気に、ここで引退してもいいと、思ったほどです。

 アジア初開催となる日本大会は、どのように盛り上がるのか。各チームやファンにおもてなしの心で接し、感…

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1765文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです