メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

露主要紙一斉「反乱」 汚職追及、記者逮捕に抗議 「政権からの脅し」

記者の逮捕に抗議するため共通見出しを掲げた(左から)RBK、コメルサント、ベドモスチの各紙=10日、大前仁撮影

 ロシアで反政権的な調査報道をしていた記者が今月上旬にモスクワで逮捕され、主要メディアが一致して「冤罪(えんざい)」と訴えている。強権的なプーチン政権下では異例の事態で、10日には大手3紙が1面に共通の見出しを掲げて抗議の意思を表明。背景には、政権によるメディア規制や言論弾圧への強い危機感があるようだ。【モスクワ大前仁】

 逮捕されたのは、インターネットメディア「メドゥーザ」のイワン・ゴルノフ記者(36)。当局の汚職追及…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです