メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

東京・渋谷再開発の陰で連綿と続く「日常」

昭和の風情を残す「のんべい横丁」。「会津」には50年以上通う徳さん(左)の笑顔があった=東京都渋谷区で、梅村直承撮影

 最新文化を発信し続けてきた東京・渋谷で、「100年に1度」と言われる大開発が進められている。2020年の東京五輪・パラリンピックの先にある将来の街にも残してほしいものがある。目新しさに隠れがちな街の魅力を探した。【鈴木梢】

高層ビル続々開業で激変

 まるで巨大な工事現場のど真ん中に放り出されたようだ。渋谷駅周辺では、建設中のビルが幾つも空に向かって伸び、てっぺんでクレーンが動いている。11月には地上230メートルの超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」も開業し、新たなランドマークになるのだとか。駅周辺の再開発は東急電鉄などが12年から進め、27年度までに8カ所でビルを建てる。大規模プロジェクトに圧倒されつつ歩き、たどり着いたのは再開発ビルの一つで昨年オープンした「渋谷ストリーム」。その名の通り、渋谷川のほとりにしゃれたビルが建っている。

 ここで待ち合わせたのは、渋谷区観光大使の小宮山雄飛さん。生まれも育ちも渋谷区で、2人組のバンド「ホ…

この記事は有料記事です。

残り2478文字(全文2900文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです