メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

著者のことば 今福龍太さん <知の連鎖>次世代に

 ■小さな夜をこえて 今福龍太(いまふく・りゅうた)さん 水声社・4320円

 1992~2017年の間に著者が交わした17の対話を集めた本だが、普通の対談集とは趣が違う。作家の沢木耕太郎さん、詩人の吉増剛造さん、作曲家の高橋悠治さんら多領域の人々を相手にしたこともあるが、「70~80年代に存在した<知の連鎖>の経験を伝えたい」という著者の熱い思いが打ち出されているからだ。

 70~80年代は自らの学生時代から研究・執筆活動を始めた時期に当たり、<知の連鎖>とは、ジャンルを…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文940文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです