メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖

水草、台風で激減 流失35平方キロ 水質悪化の恐れ

 近畿地方に甚大な被害をもたらした昨年の台風21号の暴風によって、琵琶湖で南北方向に行き来する強い水の流れが生じ、湖南部(南湖)の面積全体の約7割となる約35平方キロにわたって水草が流失していた。国立環境研究所(茨城県つくば市)と滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)の調査・分析で判明した。

 琵琶湖博物館によると、今年に入っても水草は極めて少ない状態が続いている。水草が減ると水質悪化の恐れもあり、環境研などは動向を注視している。

 琵琶湖博物館は台風が来る前の8月9日と通過翌日の9月5日に、湖上から魚群探知機でクロモやコカナダモなどの水草分布を調査した。環境研が比較したところ、台風前は南湖のうち約36平方キロで水草が生息していたが、通過後は約16平方キロにまで減少した。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです