メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

英彦山復旧、私の手で 28年前の台風、修験道の杉林荒れたまま 寄付、1週間で目標達成

倒れた杉の木で作った、サポーター特典の限定「登山安全守」を手にする高千穂秀敏・英彦山神宮宮司(左)と長男の有昭祢宜=福岡県添田町の英彦山神宮で、山本泰久撮影

 福岡、大分両県境にあり「修験道の聖地」として知られる英彦山(ひこさん)(1199メートル)の姿を後世に残そうと、地元関係者らがクラウドファンディング(CF)でサポーターを募集している。英彦山の杉林は過去の台風被害からの復旧が遅れている。CFはサポーター特典もあり順調で、自然保護活動へのCF活用策が注目されそうだ。【山本泰久】

 英彦山は、耶馬日田(やばひた)英彦山国定公園の一部で、多くの山伏が修行した霊山として栄え、現在も多…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文988文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです