トークショー

「世界に目を向けて」 戦禍を撮影、大石芳野さん訴え /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元毎日新聞記者の伊藤芳明さんと話し合う写真家の大石芳野さん(左)=千代田区で
元毎日新聞記者の伊藤芳明さんと話し合う写真家の大石芳野さん(左)=千代田区で

 戦争で傷ついた人々や戦禍の跡地を撮影してきた写真家の大石芳野さんが8日、千代田区で開かれたトークショーに参加し、戦争をなくすために「世界で起きていることに目を向けることが大切だ」と訴えた。

 「戦火のあと わたしたちができること」と題したトークショーは都内のNPO法人・エファジャパンの設立15周年記念イベントとして開かれた…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集