メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
研究現場は今

第1部 博士/1 人材減少、揺らぐ基盤 高学歴ワーキングプアなど問題 /京都

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授。基礎研究の重要性と若手研究者育成の必要性を訴えた=京都市左京区の京都大で2018年10月1日、川平愛撮影

 第一生命が毎年行っている「大人になったらなりたいもの」調査で、2018年は3位に「学者・博士」が入っていた。日本はノーベル賞受賞者を多く輩出しており、博士や学者に対してポジティブなイメージがあるのか、この調査では1989年から断続的に上位10以内にランクインしてきた。しかし、博士号を取得しても必ずしも学者になれるわけではなく、未来も約束されていない。今、「博士」を志す人が減っている。

 国内の博士後期課程(以下、博士課程)進学者は2003年度の約1万8000人をピークに減少している。…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1449文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです