メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/79 北朝鮮帰国事業から60年 苦難の記憶 風化させぬ /大阪

乗船した1145人中73人は日本国籍者だった。「在日」の日本人配偶者と子供と思われる=故・梁永厚さん提供

 カメラの方角を、じっと見下ろす人たちを写した一枚の写真。笑顔もあるし、心配そうな表情の人もいる。詰め襟学生服の中高生、幼児の姿が目に付く。中央にある旗には「第56次 朝鮮民主主義人民共和国 大阪帰国者集団」とある。北朝鮮に帰国する在日朝鮮人が、船上で見送りに来た家族や知人との別れを惜しんでいる姿だ。撮影されたのは1961年4月28日。この日、1145人が2隻のソ連船に分乗して新潟港から北朝鮮に旅立った。

 写真を提供してくれたのは、大阪で朝鮮学校の教員をしていた故梁永厚(ヤンヨンフ)さん。教え子を見送り…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1287文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです