メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/79 北朝鮮帰国事業から60年 苦難の記憶 風化させぬ /大阪

乗船した1145人中73人は日本国籍者だった。「在日」の日本人配偶者と子供と思われる=故・梁永厚さん提供

 カメラの方角を、じっと見下ろす人たちを写した一枚の写真。笑顔もあるし、心配そうな表情の人もいる。詰め襟学生服の中高生、幼児の姿が目に付く。中央にある旗には「第56次 朝鮮民主主義人民共和国 大阪帰国者集団」とある。北朝鮮に帰国する在日朝鮮人が、船上で見送りに来た家族や知人との別れを惜しんでいる姿だ。撮影されたのは1961年4月28日。この日、1145人が2隻のソ連船に分乗して新潟港から北朝鮮に旅立った。

 写真を提供してくれたのは、大阪で朝鮮学校の教員をしていた故梁永厚(ヤンヨンフ)さん。教え子を見送りに新潟に行った。「帰国してしばらくすると手紙が途絶え、その後消息が全く分からなくなった子も多い。罪なことをしてしまったと思う」。一昨年に亡くなるまで、梁さんは教え子を北朝鮮に送り出したことを悔い続けていた。

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです