メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
挑め!レノファ

サッカー J2 横浜とドロー /山口

同点弾となるフリーキックを決めた吉浜選手(左端)

 サッカーJ2、レノファ山口は第17節の8日、山口市の維新みらいふスタジアムで横浜FCと対戦した。互いに終了間際の得点で1-1で引き分けた。

 レノファは前節と同じ3バックの布陣を採用。出場停止のDF前貴之選手に代わり、小野原和哉選手が入った。試合序盤からパスワークでチャンスを作った。途中でパスを奪わ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. 日本経済「危険水域」に 新型肺炎追い打ち 将来不安拭えず GDP年6.3%減

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです