メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

支援、県・県警・市町が協定 免許更新検査の情報共有 /香川

 認知症の高齢者を早い段階で支援しようと、県、県警、市町の3者が協定を結んだ。運転免許更新時に認知症の恐れがあると判断された人の情報共有が柱で、6月から運用を始めている。

 75歳以上の高齢者は運転免許の更新時に認知機能検査が義務づけられている。協定ではこの検査結果を活用。「記憶力・判断力が低くなっている」(第1分類)…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです