メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レガシーを求めて

ラグビーW杯・大分/5 「宿泊施設不足」のピンチを逆手に 「農泊」で魅力発信 /大分

 「ベリーデリシャス」。肉厚なシイタケの天ぷらをほおばりながら思わず笑みがこぼれた。昼に畑のクヌギの木から自ら収穫したもので、確かな歯ごたえと甘みが口の中に広がった。隣に並ぶかき揚げも畑からとったニンジン、ゴボウが使われている。豊後高田市小田原の農家民泊「絆」で3月に県が開いたモニターツアーでは、台湾、オーストラリア、イギリスから来た観光客らが新鮮な野菜に舌鼓を打った。

 宿泊をしながら農業体験ができるとして、外国人観光客の中で人気が広がる「農泊」。これをラグビー・ワー…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1174文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです