メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レガシーを求めて

ラグビーW杯・大分/5 「宿泊施設不足」のピンチを逆手に 「農泊」で魅力発信 /大分

 「ベリーデリシャス」。肉厚なシイタケの天ぷらをほおばりながら思わず笑みがこぼれた。昼に畑のクヌギの木から自ら収穫したもので、確かな歯ごたえと甘みが口の中に広がった。隣に並ぶかき揚げも畑からとったニンジン、ゴボウが使われている。豊後高田市小田原の農家民泊「絆」で3月に県が開いたモニターツアーでは、台湾、オーストラリア、イギリスから来た観光客らが新鮮な野菜に舌鼓を打った。

 宿泊をしながら農業体験ができるとして、外国人観光客の中で人気が広がる「農泊」。これをラグビー・ワールドカップ(W杯)で大きくアピールしようとする取り組みが本格化している。「大分の農業の魅力発信」が狙いだが、背景には「宿泊施設不足」という深刻な問題も横たわる。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです