衆参同日選

通常国会延長せず 与党内、見送り強まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行う衆参同日選について、与党内で見送り論が強まっている。参院選単独でも一定の優位が得られるとの見通しが与党内で広がったためだ。26日が会期末の通常国会は延長しない方向で、参院選は「7月4日公示、21日投開票」の日程となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文622文字)

あわせて読みたい