メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

田辺聖子さん 91歳=作家、文化勲章受章者

 大阪弁を駆使した軽妙な文体の小説やエッセー、さらに評伝や古典を現代によみがえらせた作品を次々に発表し、世代を超えて愛された作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、総胆管結石による胆管炎のため死去した。91歳。葬儀は親族で営んだ。お別れの会を後日開く。喪主は弟聰(あきら)さん。

 1928年、大阪市福島区生まれ。写真館を経営していた父が終戦の年に亡くなったため、樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)国文科を卒業すると、金物問屋の事務員として働いた。一方、在学中から小説を書き始め、大阪文学学校に通った。56年、「虹」で大阪市民文芸賞を受賞。58年には「花狩」を雑誌「婦人生活」に連載し、ラジオドラマも執筆。64年、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥川賞を受賞。興隆期…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです