メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス

極まる不信 縮尺誤読、職員居眠り 秋田知事「話は振り出し」

秋田県議会で防衛省の調査報告書問題について答弁する佐竹敬久知事=10日、森口沙織撮影

 秋田市への陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備検討を巡る防衛省の調査報告書に誤りがあった問題で、地元の不信感が日増しに高まっている。8日に同省が開いた地元説明会では、職員が居眠りしていたことも発覚。これまで「配備は条件次第」としていた秋田県の佐竹敬久知事も10日、「話は振り出しに戻った」と表明するなど態度を硬化させており、配備計画に影響しかねない情勢だ。

 同省は8~10日、秋田市内で3回にわたり地元説明会を開催。調査報告書に誤りがあったことを陳謝し、改…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです