メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ

経産省も調査へ FC店主に聞き取り 今夏にも

 経済産業省は10日、コンビニエンスストア各社のフランチャイズチェーン(FC)に加盟する全国の店主に対して、今夏にも聞き取り調査をする方針を固めた。高騰する人件費などを背景にFC店からコンビニ本部に負担軽減を求める声が高まっており、公正取引委員会は今夏にもFC店に実態調査する方針。経産省も同様に乗り出すことで実態をより詳しく把握する意向だ。

 昨年末から今年にかけて経産省がセブン-イレブン・ジャパンなどコンビニ8社の加盟店主約3万人を対象に実施したアンケートでは、回答した約1万1000人のうち4割がFCに加盟したことを「満足していない」と回答した。従業員の集まりにくさや本部と加盟店の利益配分、同一地域への集中出店などに対する不満が根強く、より詳細な把握が必要と判断した模様だ。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです