メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

膵臓がん

治験、ネット寄付で 関西医科大、科研費出ず

 関西医科大(大阪府枚方市)は10日、膵臓(すいぞう)がんの新治療法の臨床試験(治験)を実施するため、インターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)の利用を始めたと発表した。1000万円を目標に広く支援を求める。CFで治験の資金を調達する例は珍しい。国の科学研究費補助金に申請しても認められず、製薬会社の支援もないため決断したという。

 膵臓がんは早期発見や治療が難しく、5年生存率は1割に満たず、他のがんに比べ極めて低い。特に腹膜への…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです