メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 自校教育 創立者の出身地で 実践女子大が記念式典、地域との連携も

実践女子学園の創立者、下田歌子生誕の地で開催された創立120周年記念式典。新たな記念碑が建立され、学園関係者によって除幕式が行われた。右から2人目が山本章正理事長=岐阜県恵那市岩村町で

 近年、建学の精神や創立の理念を再評価し、自校の歴史を振り返る「自校教育」に力を入れる大学が増えている。実践女子大などを運営する実践女子学園は今年5月に創立120周年を迎え、創立者である下田歌子の出身地、岐阜県恵那市岩村町で初めて記念式典を開いた。創立者の出身地で式典を開くのは全国的にも珍しい。その狙いなどを探った。

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文1688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです