メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 自校教育 創立者の出身地で 実践女子大が記念式典、地域との連携も

実践女子学園の創立者、下田歌子生誕の地で開催された創立120周年記念式典。新たな記念碑が建立され、学園関係者によって除幕式が行われた。右から2人目が山本章正理事長=岐阜県恵那市岩村町で

 近年、建学の精神や創立の理念を再評価し、自校の歴史を振り返る「自校教育」に力を入れる大学が増えている。実践女子大などを運営する実践女子学園は今年5月に創立120周年を迎え、創立者である下田歌子の出身地、岐阜県恵那市岩村町で初めて記念式典を開いた。創立者の出身地で式典を開くのは全国的にも珍しい。その狙いなどを探った。

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文1688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです