メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センパイ登場!

@大学 センパイ登場! 中央大卒 弁護士・菊地幸夫さん(61)

弁護士の菊地幸夫さん

 「本当は人と争いたくない」。笑顔が印象的だ。スポーツが好きでトライアスロンに挑戦していた。

 高校1年の時に母が他界。弟たちの面倒を見るため、授業が終わると真っ先に帰宅し、夕食作りから家事全般を担った。やるせない気持ちから毎日、家族が寝静まったころから明け方まで自転車で町をさまよった。

 弁護士を志したのは高校3年生の時。国内で環境汚染や公害が問題になる中、活躍する弁護士を目にしたことがきっかけだった。故佐藤功教授の講義が法律の世界に導いてくれた。アンダーラインだらけの著書は今でも大切に持っている。

 子供好きから教師という進路と迷い、高校時代のつらかった時に目をかけてくれた恩師に相談した。「若いのだから司法試験に挑戦してみたら」とアドバイスをもらい、その後は家にこもって猛勉強を続けた。6回目の挑戦で合格。合格するまで不安はあったが、「始めたら止められなかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです