メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「かつらぎ」90周年=酒井佐忠

阿波野青畝

 阿波野青畝が創刊した俳誌「かつらぎ」が今年90周年となった。青畝は水原秋桜子、山口誓子、高野素十とともに高浜虚子門下の「4S」と呼ばれ注目された。<葛城の山懐に寝釈迦かな>はよく知られた代表句だが、<山又山山桜又山桜>など機知にとんだ句でも知られた。その後、実直な写生主義を確立した森田峠を経て、海外生活の長い森田純一郎が三代目の主宰となり、歴史と海外俳句の新しさを併せ持った俳誌として注目されている。

 今月1日、青畝の生地の高取町のある奈良は、これも100年を超える歴史のある奈良ホテルで「創刊90周…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文573文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 台湾とソロモン断交 外交関係16カ国に 中国、再選狙う蔡総統揺さぶり

  3. ORICON NEWS 松岡茉優、インスタフォロワー数に悩み「ちょっと足りないかなあ」

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 甲斐野の温情登板、裏目 追い上げ届かず八回コールド 工藤監督「全員で向かっていく」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです