メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 気迫からあふれる魅力=越智貴雄

【左】下半身まひのため、上腕部の力だけで泳ぐ成田真由美【右】練習後は、リラックスした様子でシャワーを浴びていた=写真家・越智貴雄さん撮影

 初めて成田真由美(横浜サクラ)を撮影したのは2000年シドニー・パラリンピック。以来、成田を撮り続け、いつも撮影前日から気持ちが高ぶる。

 競泳で5大会のパラリンピックに出場し、金メダル15、銀メダル3、銅メダル2の功績は素晴らしいが、成田の魅力はそれだけではない。ファインダーをのぞくと縦ライン(競技者としての厚み)だけでなく、横ライン(周りを巻き込む人間的な魅力)が見えるのだ。多くの場合、縦ラインを意識してかっこいい写真を目指して撮る。でも成田の場合、太い縦ラ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです