メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メガバンクが資金洗浄対策 口座確認手続き厳格化 地銀も追随へ

 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンク3行は10日から、マネーロンダリング(資金洗浄)対策のため既存の預金口座の確認手続きを強化した。口座の所有者が使い道などの確認に応じない場合、取引を制限する。マネロン対策に対しては国際的な目が厳しくなっており、全国の地方銀行も追随する。

 各行はそれぞれが定める預金規定を変更、「預金者が確認や資料提出の依頼に理由なく期日までに回答しない場合は払い戻しなどの取引の一部を制限する」(三菱UFJ)などの新項目を追加した。在留期間や資格を更新した外国人に対しても再確認を徹底。また、一定期間利用されていない口座も払い戻しなどを制限する。

 国境を越えた犯罪が多発する中で、邦銀の一部口座も詐欺事件などの犯罪収益の保管やテロリストへの資金供…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです