メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2000万円」報告書 与党幹部が金融庁を一斉批判 参院選の争点回避に躍起

老後資金2000万を巡る与党幹部の主な発言

 夫婦の老後資金として「30年間で約2000万円が必要」との試算が盛り込まれた金融庁の報告書を巡る問題は、麻生太郎副総理兼金融担当相が受け取りを拒否するという異例の事態になった。与党幹部らは一斉に金融庁を批判。参院選での争点化を避けようと火消しに躍起だ。

 「微熱がある」として11日朝の自民党役員連絡会を休んだ二階俊博幹事長が午前11時ごろ、党本部に姿を見せた。

 「2000万円の話が独り歩きしている状況だ。国民に誤解を与えるだけではなく、むしろ不安を招いており、大変憂慮している」

この記事は有料記事です。

残り2828文字(全文3069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです