メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、米中首脳会談なければ第4弾制裁

 トランプ米大統領は10日、今月28、29日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて中国の習近平国家主席との首脳会談が実現しなければ、中国製品に追加関税を課す第4弾の対中制裁を発動する考えを示した。米CNBCテレビのインタビューで述べた。首脳会談の開催について言及を避けている中国政府に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は「習主席はG20に出席し、私と会談するだろう。彼とは素晴らしい関係で、米中の違いは簡単に解決できる」と述べ、首脳会談で米中貿易戦争を収束させることに意欲を示した。また、首脳会談が実現しない場合、対中追加関税を発動するかどうか問われると「そうなるだろう」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです