メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪、太平洋諸国で影響力強化 中国としのぎ削る

オーストラリアのモリソン首相=AP

 オーストラリアのモリソン政権が太平洋諸国での存在感を高めようと地域での外交を加速している。モリソン首相は3日、訪問先のソロモン諸島で、今後10年間で総額2億5000万豪ドル(約188億円)の資金援助を行うと発表した。開発が遅れるインフラ整備に充てられる。ペイン外相も3日からフィジーを訪問。地域では近年、経済支援をてこに中国が影響力を強めており、豪州が盛り返しを図っている。

 モリソン氏は5月18日に行われた総選挙で再任された後、最初の外遊先としてソロモン諸島を選んだ。同月末に出した声明で「太平洋地域は豪州の戦略的展望の前線であり中心だ」と述べ、重視する姿勢をアピール。支援策には豪州での労働の機会の提供なども盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです