WG座長代理が特区ビジネス支援 「周知活動として当然」原英史座長代理との一問一答

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原英史氏=国会内で2017年7月25日、川田雅浩撮影
原英史氏=国会内で2017年7月25日、川田雅浩撮影

 原英史氏は5月15日、東京都千代田区内でおよそ1時間半、取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

記者 特区ビジネスコンサルティング(特区ビズ)との関係は。

原氏 (国家戦略特区ワーキンググループの)委員として制度の周知や運用状況の説明は、可能な限り機会があれば誰に対してもしている。(特区ビズから)説明してくれと言われたら行く。それを協力と呼ぶならば、そこらじゅうに協力している。

記者 あなたが代表を務める政治団体「土日夜間議会改革」と特区ビズが同じ住所なのはなぜなのか。

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1635文字)

あわせて読みたい

注目の特集