メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WG座長代理が特区ビジネス支援 「周知活動として当然」原英史座長代理との一問一答

原英史氏=国会内で2017年7月25日、川田雅浩撮影

 原英史氏は5月15日、東京都千代田区内でおよそ1時間半、取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

記者 特区ビジネスコンサルティング(特区ビズ)との関係は。

原氏 (国家戦略特区ワーキンググループの)委員として制度の周知や運用状況の説明は、可能な限り機会があれば誰に対してもしている。(特区ビズから)説明してくれと言われたら行く。それを協力と呼ぶならば、そこらじゅうに協力している。

記者 あなたが代表を務める政治団体「土日夜間議会改革」と特区ビズが同じ住所なのはなぜなのか。

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです