メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WG座長代理が特区ビジネス支援 「周知活動として当然」原英史座長代理との一問一答

原英史氏=国会内で2017年7月25日、川田雅浩撮影

 原英史氏は5月15日、東京都千代田区内でおよそ1時間半、取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

記者 特区ビジネスコンサルティング(特区ビズ)との関係は。

原氏 (国家戦略特区ワーキンググループの)委員として制度の周知や運用状況の説明は、可能な限り機会があれば誰に対してもしている。(特区ビズから)説明してくれと言われたら行く。それを協力と呼ぶならば、そこらじゅうに協力している。

記者 あなたが代表を務める政治団体「土日夜間議会改革」と特区ビズが同じ住所なのはなぜなのか。

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです