福岡市、全小学生に小型発信機配布 今秋から「見守りシステム」スタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小学生に配布される小型端末機=福岡市で2019年6月10日午後4時32分、加藤小夜撮影
小学生に配布される小型端末機=福岡市で2019年6月10日午後4時32分、加藤小夜撮影

 福岡市は10日、小型発信機を市内の全小学生に配布し、児童の位置情報を記録する「見守りシステム」を今秋以降始めると発表した。市全域での導入は大阪府箕面市が既にしているが、政令市では初めて。対象は約8万5000人で、10月ごろから2年かけて全校区での導入を目指す。【加藤小夜】

 見守りシステムは近距離無線通信「ブルートゥース」を活用。発信機能の付いた小型端末機(3.3センチ四方、厚さ0.9センチ、重さ約5.5グラム)を持った児童が、コンビ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

あわせて読みたい

ニュース特集