メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特区巡りコンサル料 片山創生相「委員は会食記憶ない。協力関係、事実無根」

片山さつき地方創生担当相

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、政府の国家戦略特区の規制改革案を審査する民間委員と協力関係にあるコンサルタント会社が、提案者からコンサルタント料を受け取っていた問題について「事実関係を内閣府が確認中だ」と述べた。

 民間委員は、特区ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理。コンサルタント会社の依頼で提案者側を直接指導したり、会食したりしていた。菅氏は会見で、原氏の責任についても「内閣府が事実関係を確認している」と繰り返した。

 特区を所管する片山さつき地方創生担当相は記者会見で「原氏に(内閣府の)事務方が確認したところ、『会食については記憶がなく、コンサル会社との協力関係については事実無根』とのことだった」と説明した。原氏は5月の毎日新聞の取材に「特区制度の周知は機会があれば誰にでもしている。それを協力と呼ぶなら、そこらじゅうに協力している」と語っていた。【高橋克哉】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです