琵琶湖で水草が激減 昨年台風で南部の7割流失 水質悪化も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風21号による琵琶湖の水草の流失状況
台風21号による琵琶湖の水草の流失状況

 近畿地方に甚大な被害をもたらした昨年の台風21号の暴風によって、琵琶湖で南北方向に行き来する強い水の流れが生じ、湖南部(南湖)に生えていた水草のほとんどが流失していた。国立環境研究所(茨城県つくば市)と滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)の調査・分析で判明した。

 琵琶湖博物館によると、今年に入っても水草は極めて少ない状態が続いている。水草が減ると水質悪化の恐れもあり、環境研などは動向を注視している。

 琵琶湖博物館は台風が来る前の8月9日と通過翌日の9月5日に、湖上から魚群探知機でクロモやコカナダモなどの水草分布を調査した。環境研が比較したところ、台風前は南湖のうち約36平方キロで水草が生息していたが、通過後は約16平方キロにまで減少した。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集