SNS、LINE学び自立へ 高等部の知的障害者向け教材開発 NPO

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
教材を共同開発したNPO法人まなびやの弓削幸恵理事長(中央)と静岡大の塩田真吾准教授(右)ら=静岡市駿河区で2019年4月24日11時4分、古川幸奈撮影
教材を共同開発したNPO法人まなびやの弓削幸恵理事長(中央)と静岡大の塩田真吾准教授(右)ら=静岡市駿河区で2019年4月24日11時4分、古川幸奈撮影

 NPO法人「まちなびや」(静岡市葵区)が、知的障害を抱える特別支援学校高等部の生徒を対象にした情報モラル教材を製作し、インターネット上で無料公開している。静岡大教育学部の塩田真吾准教授(教育工学)や香野毅教授(特別支援教育)の研究室が開発に協力。相手の状況を想像するのが苦手とされる学生たちに、インターネットの特徴を理解させ、トラブルを防ぐことが狙い。【古川幸奈】

 教材のテーマは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での「写真公開」と「コミュニケーション」の二つで、どちらもワークシートやカードを使って学ぶ形式。SNSで公開していい写真の範囲や、無料通信アプリ「LINE」(ライン)での場面に応じたスタンプの使い方などが学べる。「会社を休む時にラインで連絡してよいのか」など、将来の就職を視野に入れ、上司とのやりとりなどで配慮すべき点も意識。将来の…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文871文字)

あわせて読みたい

注目の特集