メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンタクト3社に公取委立ち入り 価格表示やネット販売制限疑い

公正取引委員会の看板。公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟で=東京都千代田区霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 コンタクトレンズメーカーが販売店に対し、インターネットでの販売を制限したり、広告に店頭販売価格を表示させないようにしたりして価格競争を制限した疑いが強まったとして、公正取引委員会は11日、「日本アルコン」(東京都港区)や「シード」(文京区)など大手3社に独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで立ち入り検査に入った。

 関係者によると、「クーパービジョン・ジャパン」(港区)も立ち入りを受けた。3社は大手コンタクト販売…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです