メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

はやぶさ2、誤差わずか3メートル ターゲットマーカー投下成功

小惑星探査機「はやぶさ2」が5月30日に撮影したターゲットマーカー(右下に白く写っている)を切り離した瞬間の画像=宇宙航空研究開発機構提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機はやぶさ2が5月下旬に、小惑星リュウグウへ着陸する際の目印として投下した「ターゲットマーカー」が、狙った場所から約3メートルの場所に落ちたことを確認したと発表した。地球から3億キロ近く離れた天体で、誤差がわずか3メートルだったことは、狙い通りの極めて高い精度で投下できたことになる。はやぶさ2は12日から、再度リュウグウへ降下し、ターゲットマーカー付近の表面の状態を詳細に調べ、2回目の着陸を実施するかどうかを決める。

 はやぶさ2は先月30日、リュウグウの上空約10メートルでターゲットマーカーを切り離した。ターゲットマーカーの投下は2回目。直径約10センチのターゲットマーカーの表面は反射材で覆われており、はやぶさ2がフラッシュをたくと反射するため、はやぶさ2を誘導する灯台のような役目を果たす。

 今回、ターゲットマーカーは、ほぼ狙った場所に落ちたが、リュウグウ表面は大きな岩で覆われており、機体が岩にぶつからずに着陸できる場所が周辺にあるかどうかを、再度降下して詳しく調べるという。

 はやぶさ2は昨年10月、1個目のターゲットマーカーをリュウグウへ投下した。そのときは、狙った場所から約15・4メートルの地点に落ちた。今年2月、そのターゲットマーカーを目印にして、当初狙った場所とは別のより狭い領域への着陸に成功し、リュウグウの物質も採取できたとみられている。今年4月には、衝突装置を使って世界初となる小惑星への人工クレーター生成を成功させ、現在は、2回目の着陸を実施して、クレーターの中から噴出した物質を着陸して採取することを目指している。【池田知広、永山悦子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです