メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・富岡町で子どもらがアユ放流 漁協組合長「いつか解禁できる日を祈っている」

アユの稚魚を放流する子どもたち=福島県富岡町の富岡川で2019年6月11日、渡部直樹撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大半の地域で解除された福島県富岡町の富岡川漁協は11日、町内のこども園の園児5人や町民らとともにアユの稚魚約3800匹を富岡川に放流した。

 放流は震災前から資源維持などを目的に毎年行われてきた。原発事故で中断したが、2013年に再開した。園児らが「大きくなー…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです