特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

森友国有地訴訟、大阪・豊中市議が控訴 「不開示の一部違法と言えず」判決不服に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決後に複雑な表情で記者会見する原告の木村真・大阪府豊中市議(右)と大川一夫弁護士=大阪市北区で2019年5月30日午後3時45分、木葉健二撮影
判決後に複雑な表情で記者会見する原告の木村真・大阪府豊中市議(右)と大川一夫弁護士=大阪市北区で2019年5月30日午後3時45分、木葉健二撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡り、国が当初、売却額などを開示しなかったのは違法だとして、大阪府豊中市議が国に損害賠償を求めた訴訟で、市議側は11日、一部を適法とした大阪地裁判決を不服として、大阪高裁に控訴した。

 国有地がある豊中市の木村真市議が提訴し、学園を巡る一連の問題が発覚す…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集