メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密輸のサルは新種? 成田空港でスーツケースから押収 カメやネズミも

 絶滅の恐れのある希少なサル2匹を密輸入しようとしたなどとして、千葉地検は11日、東京都中野区江原町、塗装建設業、高西健也容疑者(40)を関税法違反(無許可輸入未遂)で起訴した。成田税関支署が専門家にサルの鑑定を依頼したところ、種を特定できず、新種の可能性があるという。

 起訴状によると、2018年9月10日、バンコク発の航空機で成田空港(千葉県)に到着し、税関の許可を受けずにサルとカメ、ネズミ、トカゲ計17匹を輸入しようとしたされる。

 税関によると、検査のためスーツケースを開け、動物を見つけた。サルは2匹とも体長約15センチで、性別…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです