メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンプス問題を考える

「健康被害を覚悟で履くもの」 パンプス問題 経験者ら院内集会で証言

パンプス強制が性差別やハラスメントに当たるとの法規定の検討などを求める署名を始めた石川優実さん。この日の集会では「問題の根本に性差別があることから目を背けないでほしい」と話した=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2019年6月11日、中川聡子撮影

 職場で女性のみにパンプス着用が指示される問題について11日、国会内で集会が開かれ、女性たちが「服装規定でパンプスが指定されている」「就活でマナーとされている」などと実態を訴えた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 東京・永田町の衆院第2議員会館で開かれた集会では、さまざまな立場から発言があった。

 日本航空の客室乗務員だった石賀多鶴子さんは「かつて職場ではハイヒールが義務づけられていた。労働組合がヒールの低い靴の着用を認めるよう交渉して、認めさせた経緯がある。低くなったとはいえ、現役の乗務員も苦しんでいるのではないか」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 全国で新たに1569人の感染確認 神奈川、埼玉で最多更新 死者1増1057人

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです