メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「児童虐待推進キャラクター」と誤植 修正前の画像拡散 東京都のサイト

マスコットキャラクターを「東京都児童虐待推進キャラクター」と表記していた東京都福祉保健局のホームページ。11日午後8時ごろには「東京都児童虐待防止推進キャラクター」に修正された=東京都福祉保健局の「東京OSEKKAI化計画」のホームページから引用

 東京都福祉保健局が児童虐待の防止を呼びかけるインターネット上のサイトで、マスコットキャラクターを「児童虐待推進キャラクター」と紹介していることがツイッターで指摘され、「一番、誤字をしてはいけないところ」などと話題になっている。サイトを運営している家庭支援課は、ツイッターで指摘される前から誤植に気づき、サイトを制作した業者に修正を依頼。11日午後8時ごろ修正されたが、修正前の画像はネット上で拡散している。

 同課によると、サイトは「東京OSEKKAI化計画」を紹介するもので、地域の親子への心づかいや声かけ…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわの山本代表 次期衆院選「政権を取りに行く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです