メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

名→姓のローマ字表記が確認された「幕末洋学者欧文集」(1865年)の表紙=江利川春雄教授提供

 日本人名のローマ字表記は「姓→名」の順で――。柴山昌彦文部科学相や河野太郎外相が先月、この順番を国内外で浸透させると表明し、議論を呼んでいる。本来の名前をひっくり返す「名→姓」の順が定着している現状を踏まえ、「これまでの慣行がある」(菅義偉官房長官)と慎重意見も根強いからだ。そもそも、日本では「名→姓」はいつから使われ、なぜ定着していったのか。専門家とともに、歴史をたどってみた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2340文字(全文2551文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです