メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランパス

自慢の温泉フル活用でおもてなし 大分県

ラグビーW杯の試合会場となる昭和電工ドーム大分(大分スポーツ公園総合競技場)=ラグビーワールドカップ2019組織委員会大分地域支部提供

大会組織委員会 大分地域支部長 中津留俊典さん

 「おんせん県」こと大分県は、自慢の温泉をフル活用して、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で来県する方々をおもてなしします。

 温泉湧出(ゆうしゅつ)量日本一を誇り、旅行業界の人気温泉ランキングで常にトップクラスの人気を誇る別府温泉は、「疲労回復効果がある」としてプロ野球選手やサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の選手たちの自主トレーニングキャンプ地として人気です。昨年と今年は「スーパーラグビー」に参戦している日本チーム「サンウルブズ」も別府市で合宿をしました。

 大会期間中は、観戦チケットを持たない人もラグビーに親しめるように、JR大分駅前の広場に「ファンゾー…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1581文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです