特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラこぼれ話

1964年の第2回パラリンピック東京大会 開催に情熱を注いだ医師

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第2回パラリンピック東京大会開会式で入場行進する選手ら=東京・代々木で1964年11月8日撮影
第2回パラリンピック東京大会開会式で入場行進する選手ら=東京・代々木で1964年11月8日撮影

 秋晴れの下、陸上自衛隊音楽隊が奏でる曲にのって車いすを使う選手たちがきれいな隊列を組んで入場した。力強く選手宣誓をする選手の後方では、日本選手団長が付き添い見守った。東京五輪閉幕から半月後の1964年11月8日、東京・代々木で第2回パラリンピック東京大会開会式が行われた。

 当時の正式名は国際身体障害者スポーツ大会第1部の第13回国際ストーク・マンデビル競技大会。同大会はパラリンピック起源の英国・ロンドンのストーク・マンデビル病院で開催した脊髄(せきずい)損傷により車いす生活を送る脚の不自由な人のための競技会だ。日本はすべての障害者が参加可能なパラリンピック大会の開催を模索していたが、車いすの大会以外は(競技ごとの)ルールがまちまちで、国際大会を実施するほどの経験がなかった。そのため第1部を車いすの選手の国際大会として開いた。同大会は89年に東京パラリンピック大会と位置付けられた。第2部は車いす以外の障害者の日本選手と西ドイツの招待選手による国内大会とした。

 東京パラリンピック大会は日本の53選手を含む21カ国・地域の約370人の選手が参加。5日間で9競技を実施した。日本は初めての参加で、卓球ダブルスC級クラスで福島県の渡部藤男選手、猪狩靖典選手のペアが日本人第1号の金メダルに輝いたほか、銀メダル5個、銅メダル4個を獲得した。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1678文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集