メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 栗原康『執念深い貧乏性』

自分が小さい権力者にならないために脳天をぶち抜くような瞬間を持つ

◆『執念深い貧乏性』栗原康・著(文藝春秋/税別1800円)

 大杉栄、伊藤野枝、一遍上人。アナキズム研究者である栗原康さんは、既成概念を覆す活動をしてきた歴史上の人物を追い、現代に失われたある種のチカラを回復させようと努めてきた。しかし今回の本には、明らかな相違がある。前著までがすべて書き下ろしだったのに対し、今回は初の連載に挑戦、それをまとめたのが本書だ。

「これまでは1冊書くためにあらかじめ参考図書や資料なども準備して臨んでいました。しかし今回は連載とい…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです