メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

冤罪疑惑記者の軟禁解除 政権、早期収拾図る?

 ロシアのコロコリツェフ内相は11日、違法薬物を所持していた疑いで逮捕された記者に対する捜査を証拠不十分として打ち切り、自宅軟禁を解除した。警察当局の捜査責任者の解雇をプーチン大統領に進言する意向も明らかにした。この記者は反政権的な調査報道で知られ、国内では今回の逮捕が不当としてメディアを中心に抗議…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです