メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年、松江市は10年に1度の「ホーランエンヤ」という祭りの年であった。「ホーランエンヤ」とは、約370年の歴史のある城山(じょうざん)稲荷神社の式年神幸祭の通称である。多くの船が大橋川と意宇川で行列する壮大な祭りだ。

 まず最初の日に御神霊が城山稲荷神社から阿太加夜(あだかや)神社へと川を移動する。それを五つの集落の船が送って行くのを渡御祭(とぎょさい)という。阿太加夜神社で7日間の祈とうの間に、中日祭(ちゅうにちさい)をおこなう。そして逆の道順で帰っていく還御祭(かんぎょさい)で終わる。その還御祭を拝見することができたのだ。

 まず神官が大幣(おおぬさ)で水上の道を清める。その道を神霊を乗せた屋形船が通っていく。その後、そろいの衣装でこぎ手をそろえ黄金の擬宝珠で飾り立てた5隻の櫂伝馬船(かいでんません)が、ひき船や供船を伴って水上を行列していくのだ。櫂伝馬船のへさきでは、勇壮な歌舞伎装束の青年が剣舞を舞いながら船のこぎ手たちを奮い立たせる。船尾の四斗だるの上では、鮮やかな女形姿の若者が采(ざい)を振る。船中では太鼓と唄…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです