メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山沢栄子展

色と造形、撮る抽象画 女性写真家の草分け 兵庫・西宮

山沢栄子「What I am doing」1980年、プリント1986年、大阪中之島美術館蔵

 その名はあまり知られていないが、作品も、生き方も、類いまれと言えるだろう。

 兵庫県の西宮市大谷記念美術館で「山沢栄子 私の現代」展が開かれている。山沢栄子(1899~1995年)は女性写真家の草分けと位置づけられる。大阪に生まれ、画家を志して女子美術学校に入学。油絵を学ぶために27歳で単身、貨物船で渡米し、写真の師と出会う。以後は、ただひたすら写真に身をささげる人生だった。

 まず目に飛び込むのは、抽象画と見まごう大画面の作品群だ。86年の新作21点と、それ以前の作品7点を…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです