メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山沢栄子展

色と造形、撮る抽象画 女性写真家の草分け 兵庫・西宮

山沢栄子「What I am doing」1980年、プリント1986年、大阪中之島美術館蔵

 その名はあまり知られていないが、作品も、生き方も、類いまれと言えるだろう。

 兵庫県の西宮市大谷記念美術館で「山沢栄子 私の現代」展が開かれている。山沢栄子(1899~1995年)は女性写真家の草分けと位置づけられる。大阪に生まれ、画家を志して女子美術学校に入学。油絵を学ぶために27歳で単身、貨物船で渡米し、写真の師と出会う。以後は、ただひたすら写真に身をささげる人生だった。

 まず目に飛び込むのは、抽象画と見まごう大画面の作品群だ。86年の新作21点と、それ以前の作品7点を…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1078文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです